オッズ・人気

1番人気の勝率・連対率・複勝率は?人気別の成績・回収率データ

1番人気の勝率・連対率・複勝率は?人気別の成績・回収率データ

関連データベースはこちらをご覧ください。

最も基本的な分析対象といっても良い、人気別の成績・回収率を取り上げます。

人気あるいはオッズというのは、馬券購入者の総意として形成されるもので、ある意味での予想モデルといっても良いかもしれません。

また、単勝で1人気を購入し続けると3割以上的中するわけですから、相当の的中精度をもっていますと言えますね。

とはいえ、当然1人気を買い続けて3割的中しても、回収率は80%前後に収束してしまいます。

当サイトは、的中率ではなく回収率にフォーカスしていますので、ここでは人気という指標が、

  • どのように回収率に表れてくるのか
  • 過小評価・過大評価のファクターはあるのか

を見ていきたいと思います。


無料登録で使えるオススメ予想サイト

私は初心者の頃に、10社ほど無料予想を出している予想サイトに登録して、買い目の組み方を研究していました。

(データ競馬では、予想だけでなく買い方もルール化しないと結果が安定しません)

その中でダントツに結果を出していたのがターフビジョンさんでした。

ターフビジョンでは毎週土日2レース分の3連複予想が無料で閲覧出来ます。

無料とはいえ、人気サイドに偏った3連複などでは決してなく、他社と比べても、結構本気で予想を出している印象があります。

例えば、下記のレースを見てください。

15点購入とはいえ、7人気の⑧ハギノベルエキプと11人気の④ベルファーリングを逃さず、見事的中させました(198.0倍的中)。

■ 2019/6/2(日)阪神7R 3歳未勝利

こんな本気の予想を無料で出すのか、と思いましたが、宣伝の意味もあるからかえって下手は打てないのでしょう。

2レースのみの提供に限定しているというだけで、的中精度は有料のものと変わらないと感じました。

メールアドレスの登録だけでは、費用は一切かかりませんのでご安心ください。

メルアド登録後、送られてくるメールのURLをクリックし、【週末作戦研究室】という無料コンテンツをチェックしてみてください。

人気別の成績・回収率データ

はじめに、芝・ダート別に人気別の成績・回収率を一覧にしましたので、ご覧ください。

※表は着別度数の表示・非表示で切り替えができます。

芝|人気別の成績・回収率(2017-2021) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
人気1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回turf
12,7521,5251,0592,9748,31033.151.564.28085turf
21,5901,5811,1813,9588,31019.138.252.48084turf
31,1501,2511,1624,7478,31013.828.942.98382turf
47619971,0045,5488,3109.221.233.27777turf
55937389056,0758,3117.116.026.98378turf
64186067436,5248,2915.012.421.38078turf
73234375866,8898,2353.99.216.38478turf
82263294537,0678,0752.86.912.58077turf
91572523796,8917,6792.05.310.37678turf
101322002356,6057,1721.84.67.98877turf
11711422056,1546,5721.13.26.46576turf
12601021535,6005,9151.02.75.37376turf
1342631075,0305,2420.82.04.07069turf
143034694,4964,6290.61.42.96857turf
151327433,9023,9850.31.02.13752turf
16911303,2893,3390.30.61.54048turf
171791,4611,4780.10.51.21441turf
181261,1491,1580.10.30.81427turf

1人気の勝率・連対率・複勝率は、覚えてもよいくらいです。

芝コースでは、

  • 勝率33.1%
  • 連対率51.5%
  • 複勝率64.2%

ですね。1人気でも35.8%の馬は馬券に絡まない、という見方もできます。

ダート|人気別の成績・回収率(2017-2021) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
人気1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回dirt
12,6711,5631,0753,0238,33232.150.863.77885dirt
21,6101,4961,1424,0848,33219.337.351.08284dirt
31,0761,2031,1274,9268,33212.927.440.97981dirt
47769179555,6848,3329.320.331.87975dirt
55917428546,1478,3347.116.026.28178dirt
64886087486,4828,3265.913.222.19081dirt
73335005536,9388,3244.010.016.78279dirt
82153885017,1968,3002.67.313.37279dirt
91842673857,3648,2002.25.510.28177dirt
101352142997,3738,0211.74.48.18176dirt
11971502277,2247,6981.33.26.27976dirt
12691171786,9407,3040.92.55.07476dirt
1348701196,4706,7070.71.83.57268dirt
142653885,9726,1390.41.32.75062dirt
151431605,1225,2270.30.92.04556dirt
161215163,6913,7340.30.71.28248dirt

同様にダートの1人気の好走率は、

  • 勝率32.1%
  • 連対率50.8%
  • 複勝率63.7%

となっており、ほぼ芝と傾向は変わりません。

人気別の成績グラフ

分かりやすくするために、グラフ化してみましょう。

芝の平均勝率は7.1%、ダートの平均勝率は6.8%ですから、いずれも、

  • 5人気以上は平均勝率より高い勝率
  • 6人気以下は平均勝率より低い勝率

となります。

複勝率のグラフは、単勝よりもなだらかです。

芝の平均複勝率は21.2%、ダートの平均複勝率は20.5%ですから、いずれも、

  • 6人気以上は平均勝率より高い勝率
  • 7人気以下は平均勝率より低い勝率

となります。

人気別の回収率グラフ(1人気~18人気)

続いて、回収率を見ていきましょう。

単勝回収率は芝の場合、11人気から急落していきます。

ダートは12人気まで70%を超えていますが、14人気から急落していきます。

12人気の勝率は芝で1.0%、ダートで0.9%です。

続いて複勝回収率も見ていきましょう。

複勝回収率は芝もダートも13人気から急落していますね。

13人気の複勝率は芝が4.0%、ダートが3.5%です。

単勝と複勝の両方の傾向を考え合わせると、回収率の向上を模索するデータ競馬のスタンスとしては、

  • 12人気以下は基本的にカット

が妥当と考えています。

回収率も的中率も低い、となると、典型的な低回収率ファクターとして取り扱えます。

人気別の回収率グラフ(1人気~11人気)

それでは、11人気以上に限定してもう一度グラフを見てみましょう。


5人気・6人気・7人気は、芝・ダートともに過小評価となっています。

この傾向は肌感覚でなんとなくわかる気がします。

4人気まではなんとなく馬券の対象にしやすいですが、それ以降は的中率が急に悪化するような気がします。

ダートの1人気が逆に過大評価傾向にあるのも、長年の傾向です。

ダートは固いレースが多いような印象があるかもしれませんが、好走率は芝と変わらないため、1人気が過剰人気になっているのだと推測しています。

人気別の複勝回収率はやっかいです。

通常、出走件数が多いファクターだと、単勝回収率と複勝回収率は連動してきます。

しかし、人気の場合は、あらゆるファクターの中で馬券購入者にとって最も分かりやすいファクターですから、ゆがみが大きく出ます。

まず、複勝の場合は、JRAプラス10という制度で元返しになるケースもあるので、それゆえ1人気の複勝回収率は高く出ます。

しかしそれだけでは4人気以降の過大評価傾向の説明がつきません。

もう一つの側面は、複勝の場合は、やはり1人気・2人気のオッズが低いものは避けられる傾向にあり、4人気以下の複勝回収率が相対的に低下するということです。

過小評価ファクターを見つける際は、複勝回収率ももちろん参考にはできますが、人気の場合は、複勝は当てにせず、単勝だけで判断したほうが良いでしょう。


まとめ

人気の過小評価・過大評価をまとめます。単勝回収率80%をベースにして、82%以上を過小評価、78%以下を過大評価としました。

ダート
1人気 過大評価
2人気 過小評価
3人気 過小評価
4人気 過大評価
5人気 過小評価
6人気 過小評価
7人気 過小評価 過小評価
8人気 過大評価

馬券ルールに組み込むとすると、

  • 芝コースの5人気~7人気
  • ダートコースの2人気~7人気

これらを、過小評価ファクターにしましょう、ということになるのですが、人気の場合は、的中率との連動が大きいため、当然これらを組み込むことで、著しい的中率の悪化を招いてしまいます。

また、人気は常時変動するファクターでもあります。

枠順が決定した時点で買い目指数は決定したいところですが、人気を指数の要素の1つとしていまうと、買い目指数がいつまでも定まらないことになります。

よって、上記のような傾向は踏まえつつも、私の場合は、人気に関しては、この記事の途中に書いた、

  • 12人気以下はカット

というルールのみを採用して運用しています。

競馬場のコースごとに荒れやすい、荒れにくいなどの傾向もありますので、人気については別の機会にもう少し詳細に検討したいと思います。

一応、下記のようにデータベースに入れまましたが、あくまでも、過小評価・過大評価の傾向の把握のため、という観点です。

パンダズ競馬とは

パンダズ競馬では

  1. 過小評価条件
  2. 三連複フォーメーション

を回収率向上の具体的な手段としてとらえ、競馬ファンの方にさまざまなデータを紹介しています。

この2つを実践するだけで「予想能力がそのままでも回収率が上昇する」というのがパンダズ競馬の一貫した主張です。

「予想はそこそこうまくいくけど、通年で見ると回収率がいまいち」という方は、多分一番効果があると思いますので、是非参考にしてほしいです。以前の管理人がまさにそんな感じでした。

この2つの手段について、参考記事をまとめて紹介いたしますので、よかったら合わせてご覧ください。

過小評価条件

まずは過小評価条件を検討し、過小評価馬を見出すのが第一歩です。

パンダズ競馬では、さまざまなデータベースで過小評価条件を紹介しています。

調教師や馬主のデータベースもありますが、重要なのは次の3点セットでしょう。

すべて同じフォーマットにデータを落とし込んでいるので、見やすいと思います。毎週データ更新していますので、参考にしてみてください。

もう一つ、ご自身で条件抽出できる方法も提供しています。こちらのほうがオリジナルの条件を何でも作れますので、そういうのがお好きな方は是非一度試してみてください。

以上のようなデータベースを参考にしていただき、パンダズ競馬で回収率が向上した、という声をたくさんいただいております。ありがとうございます!

三連複フォーメーション

過小評価に注目する場合は、券種の選定が重要であることも繰り返し述べています。

なぜ、過小評価条件と三連複がセットなのかについて解説した記事です。

こちらは、三連複フォーメーションの具体的な買い方を説明した記事です。

パンダズ競馬で三連複を推奨する理由が、期待回収率という考え方を通してご理解いただけると思います。

過小評価条件に注目する以上、三連複での購入はぜひチャレンジしてほしいですが、三連複に慣れていない方は、まずは予想サイトの無料予想を参考にするのをお勧めします。

三連複で実績があり、私が参考にしているのは次の2サイトです。ターフビジョンは三連複フォーメーションなので、当サイトでお勧めする方法に一番近いものです。人気薄の組み入れ方に注目してみてください。

参考

ターフビジョン (三連複フォーメーション)

参考

血統ウィナーズ(三連複軸1頭流し)

いまの皆さんの予想方法はそのままでよいのです。そこに過小評価条件や券種というフィルターを新たに加えてみてください

自分の予想を楽しみながら、回収率を向上させていきましょう!

-オッズ・人気