※2019/09/08データベース最終更新

馬体重・斤量

【馬体重プラスはむしろ高評価】馬体重2桁増減で買い目を切るのは回収率的に損失である

更新日:

関連データベースはこちらをご覧ください。

参考 馬体重増加10kg以上の勝率・回収率分析
参考 馬体重増加14kg以上の勝率・回収率分析

馬体重増減は、2桁増減までいってしまうと敬遠される傾向があるかと思います。2桁増減の馬は切るという馬券購入者は実際に多いのではないでしょうか。このような購入ルールの妥当性について検証したいと思います。

マイナス10kg以上はやっぱり避けますよね…


無料登録で使えるオススメ予想サイト

私は初心者の頃に、10社ほど無料予想を出している予想サイトに登録して、買い目の組み方を研究していました。

(データ競馬では、予想だけでなく買い方もルール化しないと結果が安定しません)

その中でダントツに結果を出していたのがターフビジョンさんでした。

ターフビジョンでは毎週土日2レース分の3連複予想が無料で閲覧出来ます。

無料とはいえ、人気サイドに偏った3連複などでは決してなく、他社と比べても、結構本気で予想を出している印象があります。

例えば、下記のレースを見てください。

15点購入とはいえ、7人気の⑧ハギノベルエキプと11人気の④ベルファーリングを逃さず、見事的中させました(198.0倍的中)。

■ 2019/6/2(日)阪神7R 3歳未勝利

こんな本気の予想を無料で出すのか、と思いましたが、宣伝の意味もあるからかえって下手は打てないのでしょう。

2レースのみの提供に限定しているというだけで、的中精度は有料のものと変わらないと感じました。

メールアドレスの登録だけでは、費用は一切かかりませんのでご安心ください。

メルアド登録後、送られてくるメールのURLをクリックし、【週末作戦研究室】という無料コンテンツをチェックしてみてください。

\ 登録はこちらから / 詳しくはこちらからどうぞ(無料)

馬体重増減別の成績・回収率

はじめに芝・ダート別に全体像を見てみましょう。

数値が多いので、着別度数の表示・非表示の切り替えをうまく使ってくださいね!

芝|馬体重増減別の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回turf
~-149299951,8682,1544.38.913.38279turf
-128687901,4091,6725.110.315.78180turf
-101821771712,3192,8496.412.618.68382turf
-82912832973,9034,7746.112.018.27779turf
-65265255175,7897,3577.114.321.38383turf
-47928128198,59611,0197.214.621.08081turf
-21,0301,00699210,73113,7597.514.822.08181turf
01,1911,2271,21012,91416,5427.214.621.97680turf
21,01197698510,16213,1347.715.122.68282turf
47267747307,94710,1777.114.721.97782turf
65115084985,6007,1177.214.321.37881turf
82952983133,7534,6596.312.719.47477turf
102062092282,4933,1366.613.220.58085turf
121341321491,6742,0896.412.719.97783turf
14~2422162293,1143,8016.412.018.19087turf

ダート|馬体重増減別の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回dirt
~-141041001072,1272,4384.38.412.87979dirt
-121051081181,6021,9335.411.017.18383dirt
-102021891742,4403,0056.713.018.88984dirt
-82763053084,0714,9605.611.717.97680dirt
-65645025346,3397,9397.113.420.28481dirt
-48118328659,20511,7136.914.021.47881dirt
-21,0421,1491,09911,47214,7627.114.822.37583dirt
01,3871,3581,37613,97218,0937.715.222.88083dirt
21,0991,0801,03610,99914,2147.715.322.68082dirt
47798318148,79711,2216.914.321.67782dirt
65284925265,9347,4807.113.620.78181dirt
83463183184,2195,2016.712.818.97977dirt
102092021892,6503,2506.412.618.58383dirt
121391201361,7742,1696.411.918.28585dirt
14~2252302183,5934,2665.310.715.88485dirt

中心の増減なしに近い方が勝率は高く、増減幅が大きくなるほど勝率が下がる、という山型の傾向が見えます。馬の強さという観点では、大幅な増減がない方が好ましいようです。

逆に、中心から離れたところを見るとマイナス側の勝率の落ち幅に対して、プラス側はあまり落ちていないように見受けられますね。

このあたりを詳細に検討するため、グラフを用いて細かく見てみます。

芝|馬体重増減別の勝率と支持率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

表中に勝利オッズと名付けているのは、勝利馬についていたオッズで、単勝回収率を勝率で割った値です。相対的な支持率の逆数になりますね。

馬体重増減と勝利オッズの関係は、割ときれいな凹型になり、増減がないほうに支持が集まり、中心から離れるほど支持されない傾向が見て取れます。

次に、増加側の勝率を見てみましょう。芝の場合、8kg増から上はほとんど勝率が変わらないのに、勝利オッズが大きく上昇してしまっています。

つまり、馬体重大幅増側は割と好走しているにも関わらず、これを敬遠する馬券購入者が多く、過小評価の状況に陥っていると言えます。

ダート|馬体重増減別の勝率と支持率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

ダートレースでも、8kg~12kgまで勝率は変わらないのに、勝利オッズは上昇しています。

いずれについても、馬体重大幅増加は切るどころか、むしろ馬券的妙味あり、と言えます。

増加側は勝率がそんなに低くないこともプラス要素です!

馬体重増加10kg以上の成績・回収率

妙味ありと判断した10kg以上の状況をまず見てみましょう。

ALL|馬体重増加10kg以上の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回surface
5825576067,2819,0266.412.619.38385surface
ダート5735525438,0179,6855.911.617.28484surface

芝|馬体重増加10kg以上の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回turf_year
20171241111231,4171,7756.013.220.28683turf_year
20161161061361,4921,8506.312.019.48284turf_year
20151291201141,4541,8177.113.719.08988turf_year
20141101111261,4891,8365.012.018.97985turf_year
20131031091071,4291,7485.912.118.28087turf_year

ダート|馬体重増加10kg以上の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回dirt_yearyear
20171111071111,5951,9245.811.317.18184dirt_yearyear
2016104951111,6511,9615.310.115.87579dirt_yearyear
20151291111051,5581,9036.812.618.19386dirt_yearyear
20141251141081,6521,9996.311.017.49083dirt_yearyear
20131041251081,5611,8985.512.117.88089dirt_year

2016年のダートが80%を切っていますが、他は高位安定していて過小評価が継続していると言えます。

馬体重増加14kg以上の成績・回収率

出走件数は少なくなりますが、さらに単勝回収率が高い14kg以上増加で見てみます。

ALL|馬体重増加14kg以上の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回surface
2422162293,1143,8016.412.018.19087surface
ダート2252302183,5934,2665.310.715.88485surface

芝|馬体重増加14kg以上の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回turf_year
20174940435676997.012.718.99381turf_year
20164739516437806.011.017.68886turf_year
20154954446177646.413.519.28590turf_year
20145841486638107.212.218.110289turf_year
20133942436247485.210.816.68089turf_year

ダート|馬体重増加14kg以上の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回dirt_yearyear
20174347457168515.110.615.98190dirt_yearyear
20163239407188293.98.613.46473dirt_yearyear
20155748496868406.812.518.310397dirt_yearyear
20145043407588915.610.414.98978dirt_yearyear
20134353447158555.011.216.48288dirt_year

芝は毎年80%を超えていて平均が90%と、切るどころか回収率的にはかなり良質なファクターと言えます。勝率も6.4%と平均より少し下がるものの、問題ないレベルでしょう。

12kgと14kg以上では勝率が同じなのに、14kg以上はオッズがぐっと上昇しているのが妙味を生み出す理由と考えます。

芝14kg以上の出走件数は全体の約4%で少なくもないです

ダートの方は、5年平均回収率こそ80%を超えていますが、1年大外れの年があります。ただ、マイナスにする理由もありませんから、的中率ではなく回収率の向上を目指していくならば、10kg以上の増加馬を切るといった馬券購入ルールは、もったいないな、と感じるわけです。

全く同じ話になりますので、マイナス側の議論は控えますが同じ構造が成立しています。つまり、勝率は下がっていくのですが、それ以上に支持率が急落して過小評価になっています。

ただし、プラス側に比べてマイナス側は勝率が低いので、マイナス側に関しては買い目を切るという選択肢はあっても良いのかと思います。

無料で使える予想サイト

ターフビジョン

ターフビジョンでは毎週土日1レースずつの【3連複予想】が無料で閲覧出来ます。

的中率を高めるために人気サイドが中心になりがちな無料予想ですが、ターフビジョンでは人気薄もきちんと組み入れて予想。

その分的中率は下がりますが、きちんと回収率を出していらっしゃいます

メールアドレスの登録のみで気軽に利用できるので、気になる方は【週末作戦研究室】という無料コンテンツをチェックして、回収率向上に役立ててみてください

  • この記事を書いた人
しがらき

しがらき

週末プログラマー。馬券購入に役立つ独自指数を研究して楽しんでいます。生まれは阪神競馬場すぐ近く、現在は京都市在住で京都競馬場へのアクセスは抜群です。

-馬体重・斤量

Copyright© パンダズ競馬 , 2019 All Rights Reserved.