近走成績

【前走着順別の勝率・回収率は?】回収率向上のために注目する前走着順はズバリ6着!

更新日:

関連データベースはこちらから

参考 前走着順6位の成績・回収率分析
参考 前走着順6~8位の成績・回収率
参考 前走着順2~3位の成績・回収率

記念すべき?初投稿です。データ競馬をネタに、お役にたてる情報を提供出来たらと思います。

しがらきと申します。よろしくお願いします

最初の記事は、ごく簡単に前走着順に注目したいと思います。

簡単なファクターではありますが、他の競馬参加者の意識が向きにくいのか、前走4着や前走6着などで回収率が上昇する傾向が見られます。

前走3着や前走5着というのが何となく意識の上での境界になっていて、その結果、前走4着や前走6着に馬券妙味が生じるのではないでしょうか。

回収率向上のためには、他の競馬参加者があまり評価をしていないが意外と好走する、という馬を見出すのが標準的な方法です。

その意味で、前走着順と回収率の関係性は、分かりやすい材料ではないかと思います。

前走着順別の成績・回収率データ

いきなりですが、芝・ダート別に前走着順と成績・回収率の関係をまとめました。

数値が多いので、着別度数(1着-2着-3着-着外/出走)の表示・非表示を切り替えられるようにしています。用途に合わせてご利用ください。

初期設定はPCでは表示、スマホでは非表示になっていると思います

芝|前走着順別の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回turf
19868618006,1738,82011.220.930.08484turf
21,5001,1749524,4778,10318.533.044.77682turf
31,0321,0268955,1198,07212.825.536.67580turf
48247628165,6148,01610.319.829.08179turf
55817457035,9718,0007.316.625.47481turf
65345225835,9297,5687.113.021.78982turf
73904644906,0347,3785.311.618.28483turf
83293644326,0467,1714.69.715.78582turf
92813343455,8756,8354.18.014.08783turf
102122303295,6266,3973.36.912.18282turf
111452172755,2655,9022.56.110.87083turf
121482021954,7875,3322.86.610.29088turf
13941321674,4334,8261.94.78.16673turf
1497981223,7764,0932.44.87.78273turf
1571861003,1913,4482.14.67.57777turf
164460672,3542,5251.74.16.87073turf
171220197788291.43.96.25358turf
18911175355721.63.56.55863turf

ダート|前走着順別の成績・回収率(2013-2017) ※障害戦・新馬戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回dirt
16446195915,5957,4498.616.024.97378dirt
21,7801,3551,0754,0008,21021.738.251.37483dirt
31,2241,1549854,7928,15515.029.241.27883dirt
49199288935,4298,16911.222.633.58584dirt
56387148305,9378,1197.916.726.97883dirt
65495856426,3518,1276.813.021.98783dirt
74234945536,5858,0555.311.418.28585dirt
83664214566,8378,0804.59.715.48883dirt
92783604016,7557,7943.68.213.38182dirt
102302963426,5707,4383.17.111.78484dirt
111992542636,1666,8822.96.610.48884dirt
121571932355,9066,4912.45.49.07879dirt
131171471815,2925,7372.04.67.87576dirt
141021071514,7155,0752.04.17.17675dirt
157088894,0234,2701.63.75.86764dirt
167158662,7742,9692.44.36.69676dirt
17710165395721.22.05.85664dirt
1867104194421.42.95.26674dirt

前走1着は基本的に昇級馬となるので、前走2着よりも勝率が低くなることは良く知られていると思います。ダートコースの方がその傾向が顕著のようです。

単勝回収率を見ていきますと、前走5着までで注目すべきは芝の前走1着(84%)とダートの前走4着(85%)ですね。

また、前走6着~10着まででは、芝・ダートともに単勝回収率は軒並み80%を超えており、馬券購入者の平均的な期待よりも好走していることが分かります。

人気も似たような傾向がありますが、前走着順でも6着以降を敬遠しがちなのは、何となく理解できます

年度別の単勝回収率推移

続いて、最初の投稿なので少し冗長なことをしてみます。前走1着~前走10着までの年度ごとの単勝回収率を詳しく見てみましょう。

年度ごとに輪切りして回収率が高位安定していると、高回収率ファクターとして信頼できます。

一方で、例えば5年間という期間で、平均的には高回収率だが実は非常にばらつきが大きくて、単勝回収率が80%を大きく下回っている年度もある、となると、使えるファクターとは言えないでしょう。

統計的に有意かどうか、のような厳密な視点もあるかと思いますが、このように年度ごとのばらつきに注目して、一貫した傾向があれば、有用なファクターであるかが直観的に認識できます。

方法論は別にして、このあたりをケアせずにファクターを積み重ねると、よく言われるオーバーフィッティング(過剰適合)のモデルになってしまうわけです。

すべてのファクターで全部やるのはめんどうかもしれませんが、丁寧にやるほど良いモデルになりますよ

芝レース

前置きが長くなりましたが、先ほどのデータのうち、まずは芝について。

分かりやすい?かどうか微妙ですが、最初なので気合いを入れてグラフなど作ってみました。

芝コースの場合、前走1着・前走6着・前走7着が、ほぼ一貫して単勝回収率が80%を超えており、馬券的においしい優良なファクターといえます。

逆に、前走2着・前走3着・前走5着は、評価を下げるべきでしょう。

芝前走1着の単勝回収率は、なぜ高いのか

これは仮説に過ぎないのですが、芝コース・ダートコースの2つの区分を1つにひっくるめて、昇級馬の評価をするからではないか、と考えています。

前走1着の勝率(5年平均)は、芝11.2%、ダート8.6%です。これらが同一視されて同じようなオッズ形成がされると、昇級馬が意外と好走する芝の回収率を押し上げる、という結果になるのではないでしょうか。

ダートレース

次にダートコースのグラフです。

前走1着~5着はやや人気が過剰、前走6着以降は期待以上に好走、という構造です。

芝コースに比べても右肩上がりの傾向になっていることが分かります。ダートコースでは、全体的に前走着順の良さに対して過大評価をしていると言えます。

前走4着が惜しい感じなのですが(2013年は80%を下回っている)、5年平均で85%であり、このファクターだけを使って馬券を買うわけではないですから、高回収率の因子として扱っても差し支えないでしょう。

下記にまとめてみます。過小評価というのが、馬券妙味があるという意味になります。

着順 芝コース ダートコース
前走1着 過小評価 過大評価
前走2着・3着 過大評価 過大評価
前走4着 過小評価
前走5着 過大評価
前走6着~8着 過小評価 過小評価

前走7着以降は平均的な勝率を下回ってきますので、芝1着・芝6着・ダート4着・ダート6着あたりに注目するのが良いでしょう。

タイトルであえて6着としたのはそれが理由です。

お読みいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いします

競馬雑誌が読み放題!

楽天マガジン

楽天マガジンでは、スマホやPCで250冊以上の雑誌が読めるのですが、その中に

  • 『週刊ギャロップ』
  • 『サラブレ』

があります。

月額380円なので、この2冊を雑誌で購入する場合に比べて90%も安く読めます

  • この記事を書いた人
しがらき

しがらき

週末プログラマー。馬券購入に役立つ独自指数を研究して楽しんでいます。生まれは阪神競馬場すぐ近く、現在は京都市在住で京都競馬場へのアクセスは抜群です。

-近走成績

Copyright© パンダズ競馬 , 2019 All Rights Reserved.