※2019/07/14データベース最終更新

コース・距離 騎手・調教師・馬主

騎手は関東・関西に分けて馬券購入にいかそう

更新日:

関連データベースはこちらをご覧ください。

当サイトでは、騎手に関して、騎手別に詳細にデータ分析をしていますので、騎手それぞれのデータを馬券購入に活かすことも1つの方法です。

一方で、出走数や勝利数が少なくなってくると、データがあまり安定しませんので、ある程度大枠のファクターを準備したほうが無難な場合があります。

騎手の場合、

  • 減量
  • 乗り替わり
  • 所属

などのファクターを考えることができます。

ここでは、騎手の所属、つまり

  • 美浦(関東)
  • 栗東(関西)

に分けて競馬場ごとの成績・回収率を見ていきたいと思います。

データが少ないので、地方・海外は除外しています。


無料登録で使えるオススメ予想サイト

ターフビジョンでは毎週土日1レースずつの【3連複予想】が無料で閲覧出来ます。

無料予想というと人気サイドが中心でトリガミになりがちですが、ターフビジョンでは人気薄もきちんと組み入れて予想。

その分的中率は下がりますが、きちんと回収率を出しています

メールアドレスの登録のみで気軽に利用できるので、気になる方は【週末作戦研究室】という無料コンテンツをチェックして、回収率向上に役立ててみてください。

●【無料3連複】の的中実績●
★2019年6月度 回収率201% (無料予想全10Rの実績)
※全実績を継続チェックしています

\ 登録はこちらから / 詳しくはこちらからどうぞ(無料)

芝コース|競馬場別成績・回収率データ

まずは、芝コースの競馬場別成績・回収率データを示します。1つめが関東騎手、2つめが関西騎手です。

※表は着別度数の表示・非表示で切り替えができます。

芝×関東騎手|競馬場別の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回m_turf_east
札幌134175177206125475.312.119.17381m_turf_east
函館179207206217727696.513.921.48082m_turf_east
福島497502486591674016.713.520.18080m_turf_east
新潟57359159177829537612.218.48080m_turf_east
東京85793897512197149675.71218.57780m_turf_east
中山743827823999512388612.719.37679m_turf_east
中京101108126206524004.28.7146870m_turf_east
京都3842406868064.79.914.96466m_turf_east
阪神5953606458177.213.721.18981m_turf_east
小倉103102114168420035.110.215.98178m_turf_east

芝×関西騎手|競馬場別の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回m_turf_west
札幌240216222188525639.417.826.58182m_turf_west
函館237205206194925979.117258078m_turf_west
福島13612614715311940713.521.18183m_turf_west
新潟218194199198325948.415.923.67882m_turf_west
東京3442692541896276312.522.231.48484m_turf_west
中山171120123910132412.92231.38685m_turf_west
中京521527507575673117.114.321.38083m_turf_west
京都11301131113311508149027.615.222.88082m_turf_west
阪神1008101799910456134807.51522.47982m_turf_west
小倉59960559967568559714.121.17880m_turf_west

北海道の2場を別にして、基本的に

  • 関東騎手は関西の競馬場の出走が少ない
  • 関西騎手は関東の競馬場の出走が少ない

ですので、データが十分な量かに注意しながら、話を進めていきたいと思います。

芝コース|競馬場別の勝率

まずは、勝率の違いを関東騎手・関西騎手に分けて見ていきましょう。

見事に関西騎手の方が勝率が高いですね。

全ての競馬場で関東騎手の勝率を上回っています。

東京・中山の関西騎手の勝率の高さは、特筆に値するでしょう。

芝コース|競馬場別の単回と出走件数

単勝回収率で過小評価・過大評価を判断していきたいですが、出走件数が少ない場合は、データが安定しませんので、同時に見ていきます。

まずは、関東騎手です。

阪神競馬場の回収率が非常に高いのですが、やはりデータが凸凹していて安定因子ではありませんでした。詳細は省きます。

それ以外に高回収率の競馬場はありません。

続いて関西騎手です。

勝率に連動するように、東京・中山の回収率が高いですね。

ただし、やはり出走件数自体は少なめですので、データが安定しているかどうかの確認は必要です。

芝コース|過小評価ファクターとしての安定性

芝|関西騎手×東京競馬場の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回tokyo_turf_west
201897645441863315.325.4349184tokyo_turf_west
201786626637859214.52536.18888tokyo_turf_west
201667585836654912.222.833.37582tokyo_turf_west
201562584640457010.921.129.18386tokyo_turf_west
20143227303304197.614.121.27777tokyo_turf_west

2014年、2016年は単勝回収率が80%を下回っています。

ただし、ここ数年は好調が続いていますので、高回収率ファクターとして認識しても良いと考えています。

きちんと調べれてませんが、ルメール騎手・デムーロ騎手のJRA所属の影響が大きいと思ってます。

芝|関西騎手×中山競馬場の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回nakayama_turf_west
201856363420733316.827.637.89189nakayama_turf_west
201735212118726413.321.229.29684nakayama_turf_west
201641263418929014.123.134.88687nakayama_turf_west
20152628232042819.319.227.47078nakayama_turf_west
2014139111231568.314.121.28077nakayama_turf_west

中山も同じ傾向で、最近妙味を持ち出しています。

ということでひとまず、芝コースに関しては、

  • 関西騎手×東京競馬場
  • 関西騎手×中山競馬場

が高回収率ファクターです。

いわゆる遠征ファクターですね。

ダートコース|競馬場別成績・回収率データ

つづいて、ダートコースの競馬場別成績・回収率データを示します。1つめが関東騎手、2つめが関西騎手です。

※表は着別度数の表示・非表示で切り替えができます。

ダート×関東騎手|競馬場別の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回m_dirt_east
札幌120138148151319196.313.421.27780m_dirt_east
函館119138146139317966.614.322.47382m_dirt_east
福島357367368456856606.312.819.37779m_dirt_east
新潟433442464550268416.312.819.67780m_dirt_east
東京10481086110514535177745.91218.27980m_dirt_east
中山11601161117514904184006.312.6197980m_dirt_east
中京155145162269531574.99.514.68375m_dirt_east
京都374142622742510.516.27471m_dirt_east
阪神5546516247767.11319.69082m_dirt_east
小倉56565497111374.99.914.67973m_dirt_east

ダート×関西騎手|競馬場別の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回m_dirt_west
札幌166166156139518838.817.625.97782m_dirt_west
函館1861631571316182210.219.227.88582m_dirt_west
福島141129129134317428.115.522.98583m_dirt_west
新潟201187165164822019.117.625.18485m_dirt_west
東京2312091871651227810.119.327.58085m_dirt_west
中山1021088684911458.918.325.97582m_dirt_west
中京551564545587975397.314.8227983m_dirt_west
京都13131306130414572184957.114.221.28082m_dirt_west
阪神11861203118813826174036.813.720.67981m_dirt_west
小倉345344346379148267.114.321.47981m_dirt_west

北海道の2場を別にして、基本的に

  • 関東騎手は関西の競馬場の出走が少ない
  • 関西騎手は関東の競馬場の出走が少ない

です。芝と同じです。データ量に注意します。

ダートコース|競馬場別の勝率

勝率の違いを関東騎手・関西騎手に分けて見ていきましょう。

芝と同じで関西騎手の勝率の高さが目立ちます。

阪神は関東騎手が逆転しています。

ダートコース|競馬場別の単回と出走件数

単勝回収率で過小評価・過大評価を判断していきます。

まずは、関東騎手です。

阪神競馬場の回収率は勝率に呼応して非常に良いのですが、かなり年度によってばらつきがありましたので、ここでは省略します。

出走数がやはり少なすぎますね。

他に高回収率ファクターがなく、関東騎手全体がやや妙味なしの状況です。

続いて関西騎手です。

函館・福島・新潟が回収率が高いですね。これが年度ごとに安定しているか確認していきましょう。

ダートコース|過小評価ファクターとしての安定性

ダート|関西騎手×函館競馬場の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回hakodate_dirt_west
201839333426036610.719.7288684hakodate_dirt_west
201739303126836810.618.827.28982hakodate_dirt_west
20163637272673679.819.927.28179hakodate_dirt_west
20153631372733779.517.827.68381hakodate_dirt_west
201436322824834410.519.827.98481hakodate_dirt_west

函館競馬場は安定しています。こちらも近年特に回収率が高く出ていますね。

ダート|関西騎手×福島競馬場の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回fukushima_dirt_west
20182422272483217.514.322.78182fukushima_dirt_west
20172522192513177.914.820.89488fukushima_dirt_west
20162023232593256.213.220.36469fukushima_dirt_west
20152927272423258.917.225.58990fukushima_dirt_west
20144335333434549.517.224.49484fukushima_dirt_west

ダート|関西騎手×新潟競馬場の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回niigata_dirt_west
20184638393805039.116.724.58183niigata_dirt_west
201756454136350511.12028.19590niigata_dirt_west
20163338333234277.716.624.47889niigata_dirt_west
20153836273324338.817.123.38276niigata_dirt_west
20142830252503338.417.424.98186niigata_dirt_west

福島・新潟と続けてみますと、これらの競馬場は、安定性に欠けますね。

ということで、ダートコースに関しては、

  • 関西騎手×函館競馬場

を高回収率ファクターとします。

まとめ

まとめると、次のファクターが高回収率で、いずれも遠征に関するものとなります。

  • 芝コースの関西騎手×東京競馬場
  • 芝コースの関西騎手×中山競馬場
  • ダートコースの関西騎手×函館競馬場

データベースに入れましたので、こちらも併せてご参照ください。

無料で使える予想サイト

ターフビジョン

ターフビジョンでは毎週土日1レースずつの【3連複予想】が無料で閲覧出来ます。

的中率を高めるために人気サイドが中心になりがちな無料予想ですが、ターフビジョンでは人気薄もきちんと組み入れて予想。

その分的中率は下がりますが、きちんと回収率を出していらっしゃいます

メールアドレスの登録のみで気軽に利用できるので、気になる方は【週末作戦研究室】という無料コンテンツをチェックして、回収率向上に役立ててみてください

★2019年6月度 回収率201%
(2019/6/30時点)
※全実績を継続チェックしています

  • この記事を書いた人
しがらき

しがらき

週末プログラマー。馬券購入に役立つ独自指数を研究して楽しんでいます。生まれは阪神競馬場すぐ近く、現在は京都市在住で京都競馬場へのアクセスは抜群です。

-コース・距離, 騎手・調教師・馬主

Copyright© パンダズ競馬 , 2019 All Rights Reserved.