血統

【父系統の血統分析】ナスルーラ系とミスタープロスペクター系に妙味あり

更新日:

関連データベースはこちらをご覧ください。

血統分析については、パンダス競馬では種牡馬別に詳細なデータを検討していますので、種牡馬を分析の基本単位としています。

しかし、種牡馬上位陣は良いにしても、リーディングで30位以下になってくると出走件数が足りず、回収率が安定しません。

そこである程度まとまった単位で血統を検討するため、父系統別のファクターを考えてみることにしました。

プロの3連複予想を無料で入手する

ターフビジョンでは毎週土日1レースずつの【3連複予想】が無料で閲覧出来ます。

馬券下手だった私ですが、無料予想でのフォーメーションや1頭軸流しの組み方を見て、だんだんとコツがつかめ、回収率が上がってきました

メールアドレスの登録のみで気軽に利用できるので、気になる方は登録・ログインして【週末作戦研究室】という無料コンテンツをチェックしてみてください。

●無料3連複情報の全実績(2019年6月)●
★2019/6/1(土)阪神10R 不的中
★2019/6/2(日)阪神7R 198.0倍的中
★2019/6/8(土)東京8R 10.9倍的中
★2019/6/9(日)阪神10R 不的中
無料情報のみ回収率426%
(2019/6/9時点)

\ 登録はこちらから /

父系統の分類

どういう分類にするか悩んだのですが、当サイトでは結果的には、次の7系統に落ち着きました。

  • サンデーサイレンス系(94,946)
  • ヘイロー系(1,1544)
  • ロベルト系(15,919)
  • ナスルーラ系(20,335)
  • ノーザンダンサー系(39,518)
  • ミスタープロスペクター系(53,730)
  • エクリプス系(2,919)

( )の中は、2014年~2018年のその父系統を持つ出走馬の総出走件数です。

明らかにサンデーサイレンス系が多くなってしまうので、ここをもう少し細かく分類したいのですが、父系統というとやはりサンデーサイレンスがパッと頭に浮かびますので、あえてそのままにしました。

ヘイロー系はもちろんサンデーサイレンス系を除いています。

また、エクリプス系というのは、体系だった系統というよりも、その他、という感じの分類です。

エクリプス系を除く6系統で網羅できなかった出走馬も、エクリプスという系統を設けると、ほとんどがそこに分類できます。

最終的に、この7系統で出走馬の99%をカバーできました。

系統と種牡馬の対応関係は、こちらを参照してください。

父系統別の成績・回収率データ

芝・ダート別にこの7系統の成績・回収率を一覧にしましたので、ご覧ください。

※表は着別度数の表示・非表示で切り替えができます。

芝|父系統別の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回main_turf
サンデーサイレンス系4,2474,2564,23142,32155,0557.715.423.17882main_turf
ヘイロー系2782982964,1184,9905.611.517.58179main_turf
ロベルト系3824134236,1437,3615.210.816.58078main_turf
ナスルーラ系5726146138,23410,0335.711.817.97978main_turf
ノーザンダンサー系1,2381,2171,26014,55318,2686.813.420.38081main_turf
ミスタープロスペクター系1,5801,4821,45716,92521,4447.414.321.18281main_turf
エクリプス系4563596768435.312.819.87485main_turf

ダート|父系統別の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回main_dirt
サンデーサイレンス系2,7162,7112,69931,76539,8916.813.620.47779main_dirt
ヘイロー系4444404285,2426,5546.813.520.08382main_dirt
ロベルト系4895425766,9518,5585.712.018.87682main_dirt
ナスルーラ系7286516818,24210,3027.113.420.08582main_dirt
ノーザンダンサー系1,4551,4381,49016,86721,2506.813.620.68082main_dirt
ミスタープロスペクター系2,2922,3422,27525,37732,2867.114.421.47983main_dirt
エクリプス系1341431241,6752,0766.513.319.38075main_dirt

細かいところはおいおい見ていければと思いまが、まず父系統分類だけに注目すると、目立って高回収率なのが、

  • ダートのナスルーラ系

です。

ナスルーラ系の年別成績・回収率

平均の回収率が良くても、年によってバラついていたらファクターとして成立しません。

そこでダート×ナスルーラ系の年別の回収率を見てみましょう。

ダート×ナスルーラ系|年別の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回na_dirt
20181381261391,6062,0096.913.120.18382na_dirt
20171461211241,6071,9987.313.419.68880na_dirt
20161671501341,6802,1317.814.921.28885na_dirt
20151511431471,6402,0817.314.121.28382na_dirt
20141261111371,7092,0836.011.418.08283na_dirt

単勝回収率・複勝回収率ともすべて80%を超えています。ダートのナスルーラ系は優秀なファクターといえます。

種牡馬ごとに検討すると、実はシニスターミニスター産駒の回収率が結構高く、それに引っ張られているというのもありますが、他の種牡馬も優秀ですので、系統でまるっと見るのも有益です。

( )内は適性です。

ナスルーラ系の主な種牡馬

ミスタープロスペクター系の年別成績・回収率

1系統だけだと寂しいから、というわけではないですが、もう1系統検討します。

ミスタープロスペクター系は芝適性のある種牡馬もいますが、割とダート系統の印象が強いと思います。

単勝回収率が80%を割っていますが、複勝回収率はダートの中で一番よい数値となっています。

同じように年別で見てみましょう。

ダート×ミスタープロスペクター系|年別の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回mr_dirt
20184554765345,4046,8696.613.621.37481mr_dirt
20174855274795,5547,0456.914.421.27882mr_dirt
20164504764545,0806,4607.014.321.47984mr_dirt
20154684614314,8576,2177.514.921.98484mr_dirt
20144344023774,4825,6957.614.721.38283mr_dirt

複勝回収率は安定していますが、単勝回収率は少し残念で、このままでは使いづらいファクターです。

そこで、もう少し条件が絞れないか検討しました。

詳細は省きますが、牡馬・牝馬の好走率にかなり差異がありましたので、牡馬のみで絞ってみました。

結果がこちらです。

ダート×ミスタープロスペクター系×牡馬|年別の成績・回収率(2014-2018) ※障害戦除く

着別度数を[非表示]
1着2着3着着外出走勝率連対複勝単回複回mr_m_dirt
20182852933503,0583,9867.214.523.37484mr_m_dirt
20173173102983,3004,2257.514.821.98382mr_m_dirt
20163053182883,0753,9867.715.622.98386mr_m_dirt
20153263152843,0363,9618.216.223.48785mr_m_dirt
20143122982712,8373,7188.416.423.78184mr_m_dirt

残念ながら、2018年の単勝回収率は80%を超えませんでしたが、牡馬に絞る前後で比べると、かなり改善しました。

また、複勝回収率もぐっと上昇し、過小評価傾向となっていることが分かります。

ミスタープロスペクター系はざっくり言えば、ダート向きの系統ですが、中には芝向きの種牡馬もいます。

上記の一覧で(芝)と記載したものがそれになります。

ダートが過小評価になる理由は定かではないですが、馬券購入者に期待される以上に、好走しているということでしょう。

つまり、血統の差がそこそこあるのに、それほど意識されていない、ということになります。

まとめ

当サイトでは、下記のファクターを高回収率に貢献するファクターとしてとらえています。

  • 芝コースのナスルーラ系
  • ダートコースのミスタープロスペクター系×牡馬

データベースに入れましたので、こちらも併せてご参照ください。

  • この記事を書いた人
しがらき

しがらき

週末プログラマー。馬券購入に役立つ独自指数を研究して楽しんでいます。生まれは阪神競馬場すぐ近く、現在は京都市在住で京都競馬場へのアクセスは抜群です。

-血統

Copyright© パンダズ競馬 , 2019 All Rights Reserved.